2017年12月14日

脳の癖

無くて七癖
って言いますけど、私たちの性格、キャラや得意、不得意も脳の癖のなせる業なのです!
脳神経がどんな場所に密なのか疎なのか、またどんな場所に脳神経がたくましく太いのか、はたまた少し華奢なのかなどによって形づくられていくようです。

文系の得意な人、理系の得意な人、芸術センスのある人、スポーツ万能な人、

積極的な人、ちょっと引っ込み思案な人、小心な人、大胆不敵な人、心配性な人、楽天的な人

様々ですね。

これは、生まれながらに受け継いだものもあるでしょうが。。。
今までどんなことを体験したのか、どんな感情を持ったのか、どんな思考をしたのかなど日々の出来事を通して日々作られていくのです。
成功体験や、失敗体験、うれし泣きをしたこと、恥ずかしい思いをしたこと、親などに日々言われている小言なども無意識のうちに影響しているのですね。

だから、苦手も克服できるし、新たなものを学ぶ、身に着けるということもできるのです。
また、過去を振り返りながら認識の間違いや勘違い、情の癖を改めていくこともできるのです。

希望ですね


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
▼モチベーションやコミュニケーションを伸ばしたいなら、
    コーチングを習って、原理とテクニックを理解しちゃおう!
▼集中講座で、「人生が激変した」とまで言う
   参加者が増加中!プロコーチからコーチングを受けるチャンスも!

コーチングといえば「MOVEコーチング」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


ラベル:記憶 コーチング
posted by mikan at 12:49| Comment(0) | 能力開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。