2017年12月14日

新しいことを始めるとっきって疲れるのはなぜ?

初めて自動車学校に行ったとき。
新し職場や学校に行ったとき。
新しい何かを学ぼうとしたとき。
多かれ少なかれ、ストレスを感じたり、すっごく疲れてしまったりしますよね。
一日がんばって、家に帰るとバタンキュウで、深く眠れてしまう。
などなど。

慣れていないからっていうのも正解なのですが。。。
脳の中での出来事としては、ニューロンが伸びていって、脳の神経回路を新しく作っているのです
それが繋がって、その繋がった神経が繰り返し体験することによって、だんだんと太くなっていく!
それまでの、神経回路が出来上がるまでが、とってもストレスだったり、異様に疲れたりするのですね!
また、ある程度まで太くなっていくまで、嫌だなとか苦手だなとか感じる。。。
その時期を過ぎれば、なんであの時あんなに難しいと思ったんだろう?っていうくらい
スイスイできるようになりますよね。
ストレスも感じなくなり、苦手だと思ったことが楽しくなったりする

新しいことを始めるとき、学ぶとき疲れるのは、脳の神経が繋がっている最中だから



posted by mikan at 10:17| Comment(0) | ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。